Business Company

More Languages

JAPANESE

Office Location

Image
株式会社天堂ストラテジー
Spot Us
  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
1 2 3 4

ブランディング・フェーズ(Branding Phase)

明確な独自性を持つ差別化を前面に

価格競争に陥ったままの短期的な売上向上ではなく、価値重視のブランディング戦略を図る絶好の機会がやってきました。


インターネットにより価値観は多様化

企業と消費者の関係の変化

ブランディングという概念が創出される以前、企業はこぞってCIを計画・実行してきました。 インターネットの出現後、企業と消費者の関係が大きく変化。 価値観は多様化し、これまでの経営戦略は通用しなくなっています。

主導権は顧客

必要な情報はすぐにインターネットから手に入り、価格の比較も出来、評価サイトまであるような、情報量が圧倒的に増えた現在、今まで企業側にあった販売主導権は、顧客の商品選択権に変化しています。

ブランドを確立し、低価格競争から価値重視への転換をはかり、ブランド・ロイヤリティを形成していく原点は、まさに顧客視点による、体系的なブランディングにあると言えるでしょう。



ブランドとは

ブランドは顧客側の概念

ブランドの概念は決して情報発信側(商品提供者)にあるのではなく、顧客側の概念であるということをしっかりと認識する必要があります。いくら素晴らしい商品だと思い声高に叫んでも、顧客が見向きもしなければ、それはブランドとは程遠いものです。

顧客側の心理を読んであるいは視点に立ってブランディングしていこうという考え方がない限り、それは成功しません。 手前味噌の思い込みで顧客のブランド意識をコントロールしようとすることは困難を極め、ブランディングは中途半端に終わってしまうでしょう。

自社の真のポテンシャルは?!

自社の真のポテンシャルが陰に隠れているのではないか、曇っているのではないか。持ち味にフォーカスのあった企業活動が本当に出来ていると言えるのか?業界内の横並びに埋もれているのではないか?これらの疑問の多くは、顧客視点でない、思い込みの強い自社視点が原因です。

消費者が、単に情報を受けるだけの消費者から、検索や比較を行い、情報を操る賢い顧客に大きく進化している現在、自社のブランドを確立し、ブランド・ロイヤリティを形成する原点は、まさに入念に練られた体系的なブランド化計画にあると言えます。

低価格競争に巻き込まれない強い戦略として、価値重視、高付加価値の戦略を採用し、自社の真のポテンシャルを最大限に発揮することこそ、お客様への本来の期待に応えることとなり、会社として目指すべき真の社会貢献になり得るのではないでしょうか。

Image
Image
Image

© Copyright TENDO Strategy 1995. All rights reserved